『ラジオ福島の300日』

お久しぶりです^^

^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^

震災から1年が経ちました。

これを機に出版された本があります。

『ラジオ福島の300日』

震災時、ライフラインが途絶えると頼りになるのはラジオ。
今回もラジオの重要性が再認識されました。

この本は、福島県で唯一の民放ラジオ局の
ラジオ福島全社員のアンケートとインタビューを元に、
フリーライターの片瀬京子さんが執筆した、
昨年3.11からの1年間を描いた脚色のないノンフィクションです。

大地震発生時、スタジオで何が起こったか、
社員一人一人が、どういう状況だったか、
そして何を思ったのか。

ライフラインが途絶えた状況で、
震災の情報がどのように局へ伝わり報道したのか、
3.11から始まった、
福島県民のためにCMカットで行った350時間余りの連続生放送の様子。

写真にある本の装丁は、
震災翌日、2011年3月12日の朝刊のラジオ欄です。
他の放送局の大半がレギュラー番組を予定しているのに対し、
ラジオ福島の番組表は帯で「震災報道特別番組」となっています。
a0198521_23324022.jpg

ツイッター、メール、電話、FAXを通して行った情報のやりとりは、
ラジオ福島がリスナーに寄り添い、
リスナーとの信頼関係を生み、
さらにはリスナー同士の助け合いに発展してゆきました。

私は身内が福島に暮らしていますので、
当時はUSTREAMで放送を聴いていました。

原発事故の恐怖の中も、
正しい事実を伝えていこうという姿勢、
それはただ単に伝えるということだけではなく、
心を感じる温かいものがありました。

その放送に携わったすべての人たちの様子が語られています。

多くの方に読んでいただきたい本です。

そして、、、
被災した人たちは皆、それぞれの人生があり、
報道では伝え切れない真実が他にもまだまだ沢山あると思います。
この本の出版がきっかけとなり、
他の被災地の、脚色されていない事実だけを明確に伝える、
現場の人の話をもとにした事実だけを誠実にと伝える本が
もっと出版されてほしいと思います。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2012-03-28 00:09 | 震災
帯飾り >>