カテゴリ:震災( 9 )

『ラジオ福島の300日』

お久しぶりです^^

^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^ ^◕ฺܫฺ◕ฺ^

震災から1年が経ちました。

これを機に出版された本があります。

『ラジオ福島の300日』

震災時、ライフラインが途絶えると頼りになるのはラジオ。
今回もラジオの重要性が再認識されました。

この本は、福島県で唯一の民放ラジオ局の
ラジオ福島全社員のアンケートとインタビューを元に、
フリーライターの片瀬京子さんが執筆した、
昨年3.11からの1年間を描いた脚色のないノンフィクションです。

大地震発生時、スタジオで何が起こったか、
社員一人一人が、どういう状況だったか、
そして何を思ったのか。

ライフラインが途絶えた状況で、
震災の情報がどのように局へ伝わり報道したのか、
3.11から始まった、
福島県民のためにCMカットで行った350時間余りの連続生放送の様子。

写真にある本の装丁は、
震災翌日、2011年3月12日の朝刊のラジオ欄です。
他の放送局の大半がレギュラー番組を予定しているのに対し、
ラジオ福島の番組表は帯で「震災報道特別番組」となっています。
a0198521_23324022.jpg

ツイッター、メール、電話、FAXを通して行った情報のやりとりは、
ラジオ福島がリスナーに寄り添い、
リスナーとの信頼関係を生み、
さらにはリスナー同士の助け合いに発展してゆきました。

私は身内が福島に暮らしていますので、
当時はUSTREAMで放送を聴いていました。

原発事故の恐怖の中も、
正しい事実を伝えていこうという姿勢、
それはただ単に伝えるということだけではなく、
心を感じる温かいものがありました。

その放送に携わったすべての人たちの様子が語られています。

多くの方に読んでいただきたい本です。

そして、、、
被災した人たちは皆、それぞれの人生があり、
報道では伝え切れない真実が他にもまだまだ沢山あると思います。
この本の出版がきっかけとなり、
他の被災地の、脚色されていない事実だけを明確に伝える、
現場の人の話をもとにした事実だけを誠実にと伝える本が
もっと出版されてほしいと思います。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2012-03-28 00:09 | 震災

インコの手紙

絵本や歌でいのちの大切さを伝える活動をされている
絵本作家でシンガーソングライターのあきばたまみさん


パステルカラーのイラストから、
あきばさんの優しさや芯の強さのようなものを感じます。
特に鳥のイラストは、マルの頭頂部に似ていて、
とても親近感を覚えます。。。ん?マルって鳥に似てるのか?



あきばさんの絵本『インコの手紙』。
a0198521_0182481.jpg

絵本に書かれている詩は歌にもなっています。
インコの気持ちを綴ったもので、
心にグッとくるものがあったので、詩を転記します。


正直いうと             
ぼくはあなたがキライです
いつもぼくをぎゅーっとつかむし
水はとりかえてくれないし      

正直いうと             
ぼくはあなたがキライです    
ボンドで頭にとさかつけるし    
あなたもぼくをきらいなの?   

だけど ひとつしつもんです   
あの日のナミダはなんですか  
ぼくが死んでゆくときに      
ぼやけた視界のなかでみた   
あなたのナミダは なんですか 

どうして どうして         
うごかないの            
最後くらいバイバイって      
あなたに手を振りたかったのに 
ぼくの羽は             
どうして どうして         
もう うごかないの         

正直いうと
ぼくはあなたがキライです
いつもぼくを逆さにつかむし
カゴはそうじしてくれないし   

正直いうと
ぼくはあなたがキライです
油性のペンでまゆげ落書き
あなたもぼくをきらいなの?

だけど ひとつしつもんです
あの日のナミダはなんですか
ぼくが死んでゆくときに
ぼやけた視界の中でみた
あなたのナミダは なんですか

どうして どうして
うごかないの
最後くらいゴメンネって
あなたにあやまりたかったのに
ぼくのくちばしは

どうして どうして
もう うごかないの


ぼくは あなたを
愛しています



フラッシュムービーを見て泣きました。。。


家族としてのペットの命。
時には、マルも私のことをキライって思ったりしてるのかな?
マルの命が終わるときには、「幸せだったなぁ」って思ってもらえるように、
私も「あのときああしてあげれば良かった」って後悔しないように、
やっぱり「急がず地道に丁寧に」一緒に暮らしていこう。
大切な大切な小さな命だから。。。としみじみ思いました(涙)
(もちろん、侍に対してもだけど)



あきばさんは福島県出身で、現在は支援のために福島入りされています。

そして来週は東京で開催される
SAVEふくしま チャリティーバザーを主催されています。
地震・津波・原発の被害と戦っているご自身の故郷である
福島県を元気にするイベントなのだそうです。
売上金は全額福島県に寄付されるそうです。

日時:2011年 4月16日(土)、17日(日)

場所:お台場プリズムアートギャラリー
    (港区台場2-2-4プリズム統合医療情報センター1F)

時間:11:00~18:00

お問い合わせ・詳細はコチラ
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-04-10 01:14 | 震災

今週の職場

外資系の会社は香港に移動しているとか、
大阪のホテルが満室だとか、
そんなニュースが入っていますね。


結局今週は、まともに仕事をしたのは月曜日だけ。
火曜日は1時間で帰宅。
水、木、金曜日と自宅待機でした。

派遣先の会社は外資系で、
木曜日にはとうとう、東京本社全職員(派遣社員も含む)に
18日から大阪に家族と一緒に移動して
大阪支社で勤務してください、という指令が出ました。驚き~。

役員は外国国籍で、大使館の意向に準拠しているそうです。
大阪のホテルが満室になっている一端には、
うちの会社の人たちも居るということです。

もちろん大阪へ移動するなんていうことは非現実的であり、
家族の居る人、子供が学校に通っている人ならなおさら無理な人も多数。

それにメーカーなので、営業の人なんて絶対行かれないし・・・

結局、行かれる人、絶対に行かなければならない人だけが行きました。

東北支社の人たちの中には震災以来、
まだお風呂にも入れずにいる人もいて、
なのに事務所の掃除に加わっているという話も聞きました。



緊急時というのは、人間の本質が表れるものでして・・・

今回の緊急事態の中、
私は上司(女性)に失望し、
会社に居て無神経な会話をしている人たちを目撃したりと、
また人生の勉強をさせていただきました。


いろんなことがありますね。


来週からどうなるのかな。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-19 21:12 | 震災

ささやかな贈り物

妹は震災以降、24時間昼夜を問わず、
5時間仕事(休憩なし)、10時間休む、という生活を繰り返しています。

「いつご飯を食べたらいいのか、いつ寝たらいいのか分からない」と言っています。

まさに。


そんな生活を送っている妹は、昨日3月17日が誕生日でした。。。。。

そして、偶然にも夕食の時間は帰宅することができていました。

娘のHi~坊(私の姪っ子)にも会えない日がある中、
久しぶりに家族3人での夕食。

それも誕生日の。

こんなときだから、あり合わせのおかずでの食事。
でも家族3人食卓を囲めたことが、何より。

ケーキはなかったけれど、
Hi~坊がママにお手紙をプレゼントしたそうです。

きっと神様が、妹に家族3人で過ごす大切な時間を
誕生日に贈ってくれたのかなぁ~と勝手に理解しています。

私からも、神様、ありがとう。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-18 23:55 | 震災

福島の今を聴いてください!

東京のテレビでは伝わり切れない、
今の、福島の様子をこちらで聴くことができます。

福島県で唯一の民放ラジオ局 ラジオ福島の放送が、
今、USTREAMで配信され始め、世界中で聴くことができます。

皆さん、どうか聴いてください。
被災地の現在の正しい情報を知ってください。

お願いします。


Free live streaming by Ustream


SOCIAL STREAM で、
リスナーの声を聞くこと、自分の気持ちを投稿することもできます。

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-17 10:17 | 震災

自宅待機

私は派遣社員なのですが、派遣先から派遣会社の方に
「通勤の安全性が確保されるまで、当面の間出社見合わせ」との
連絡があり、派遣社員は今日は自宅待機です。

外はいいお天気でしたが、
一時、空が真っ黄色になり異様な光景でした。

わんこは地面から近いし、マルは洋服を着ないので
お散歩はやめた方がいいと思い、やめました。

午後は強風になり、マルは丸二日お散歩へ行けず・・・ゴメンネ。

今日はのんびりしようかと思いましたが、
朝から仕事関係のメールが飛び交い、
その間に余震も起こり、マルがギャン吠えしたりして、
家にいながらもバタバタな一日でした。


夕方ホッと一息していると、母からメールが。

実家の近くに住む義弟クンのご両親が、
私の実家に食糧を届けてくださったそうです。
ガソリンも食糧も不足しているさなか、車で届けてくださったことに
「涙が出るほど嬉しかった」と・・・

実家も震災以来、食糧・燃料不足で心細い毎日を送っていたのです。


私からも義弟クンにお礼と感謝のメールを送るとすぐに返信が。


「あひるちゃん、東京も大変だと思いますが頑張ってください。

原発には負けません!!!




強い。

義弟クンは、毎日強く自分のすべきことを全うしているんだと実感。

被災した人に励まされてどうする!わたし!!!

こちらが励ますべきなのに、逆に励まされてしまい
ジーンと来てしまいましたが、
メソメソしてる場合じゃない!

こっちも頑張るぞ!と強く思ったのでした。

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-16 18:07 | 震災

帰宅命令

今日、節電モードの激混み電車に乗り出社して、1時間後・・・・・



広報室より、全職員宛てに
「被爆対策マニュアル」がメールで送信されました。


それを読んでいた時、
「今すぐ仕事を終わらせて帰宅してください」と
緊急帰宅命令が発令されました。


午前11時の官総理の会見を受けての決定だそうです。

東京は200キロほど離れてはいますが、
風向きや雨によっては気を付けた方がいいとのこと。

だったら福島にいる家族はどうなってしまうのだろう。。。
考えていたら電車の中で涙が出てきてしまいました。
マスクをしていたので涙はマスクの中に入っていったので目立たず済んだけど。


午前中だったので、
トイレットペーパーとティッシュペーパーを買っておこうと
帰りがけに通るドラッグストアと
スーパーマーケットすべてに立ち寄りました。

すべて売り切れでした。

トイレットペーパーとティッシュがなくなってしまうのはとても困ります。
早く入荷して!


帰宅してすぐに、家中の排気口を閉じ、
24時間換気をオフにしました。


恐れていた雨も降って来ました。


一体この先どうなってしまうのでしょう。

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-15 14:48 | 震災

大地震の後の月曜日

昨日、震災後初めてブログを更新したことで
さらに多くの方々から温かいコメントやメールをいただきました。
どうもありがとうございました。

現実をしっかりと受け止めて、冷静になるまで時間がかかってしまったため
なかなかブログをアップできませんでした。

ご心配をおかけしまして、本当に申し訳ありませんでした。
そして本当にありがとうございます。



今日の首都圏は大混乱。

昨夜から計画停電の計画が二転三転、わけがわからなくなっていました。
テレビの発表と、東京電力のHPに書かれていることが違っていて
どちらが本当なのか戸惑うばかりでした。

交通手段も朝になり、私が使っている小田急線が
新宿~経堂間しか運行しないことが発表されました。

私の最寄り駅は、経堂よりも下りにあるため
経堂まで歩くことにしました。
今日はスニーカーで出勤。

侍からの指示により、
ラジオ付き懐中電灯、都内の地図帳、飴、多めの現金を持たされました。

節電のために会社が休みになるかも?とも思ったのですが、
連絡がないので普通に出勤しました。

新宿での乗り換えはいつもは中央線を使うのですが、
本数が限りなく少なく、大混雑と駅員さんに教えてもらったので
少し遠回りになるのですが、都営新宿線を使うことにしました。

無事に会社にたどり着き、
通常ではない雰囲気の中、仕事をしていました。
通常ではない雰囲気というのは、
会社内のあちこちで時々、けたたましい音の
携帯の地震予報のサイレンが鳴り響いていました。

予報のサイレンの後、何度か余震が起こりました。


帰りにドラッグストアへ寄ると、大混雑。
しかし、陳列棚はスカスカでした。
お米、インスタント食品、乾電池、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、
生理用品、おむつの棚は空っぽでした。

幸い私が必要だったのは、ラップと排水袋だったので
こちらは買うことが出来ました。

乾電池も欲しかったのですが売り切れだったので
一番近くのスーパーで買おうと思い、立ち寄ると臨時休業でした。

それを知っていれば他のお店に寄ったのに。

私はこのスーパーから携帯メールが来るように設定してあるのですが、
特売のメールは来ても、
お休みの連絡はくださらないんですね。ちょっとがっかりしました。
大手のスーパーなのに・・・

当日でもいいので、臨時休業のメールは欲しいと思いました。


こういう事態なので、侍は今日は帰りが相当遅くなるとのこと。。。


明日もまだこの状況は続くと思います。

私は、引き続き節電に努めます。

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-14 21:29 | 震災

3.11~私の家族の今

3月11日(金)に起こった大地震に際して、
福島在住の両親・妹家族を案じ、
また東京在住の私を心配してくださり、
メール・電話をくださった方々、どうもありがとうございました。

私は無事です。

福島に居る家族は被災はしたものの、
怪我をすることもなく、無事でいます。

福島の両親にやっと電話がつながったのが、
12日(土)の午前中でした。

それまでは、
携帯メールを送っても返事が来ない、
携帯電話にかけてもつながらない、
携帯電話から固定電話へかけてもつながらない、
171の伝言ダイヤルにもメッセージが入っていない、
やっとつながった手段は、
固定電話から固定電話へかけた時でした。
(うちの場合は)

状況は、幸い家屋が無事だったので、
かろうじて自宅で過ごすことができていますが、
ライフラインが寸断され、初日は寒い夜を過ごしたそうです。

家の中でダウン・コートを重ね着していると言っていました。
さらに余震も続くため、いつでも避難できるようにと
外出できる服を着て24時間過ごしたそうです。

翌12日の夜になり、
ようやく電気が通ったので、暖房を使うことができたそうです。
暖房器具は、灯油ですがファンヒーターのため電力が必要なのでした。

現在まで断水が続いているため、
お風呂に入れない状態が続いているそうです。

飲料水は給水所へ、生活用水は井戸へ取りにいく毎日だそうです。
最初の給水のときは、家から10分ほどの場所へ取りに行き、
戻ってきたときには4時間が経過していたそうです。
ほとんどの時間は待ち時間だったそうです。

電気が通ったときに、震災後初めてテレビを見ることができ、
ラジオだけでは分からなかった、
大きな災害の様子を映像を通して知り、
自分たちはまだいい方だと思ったそうです。


家族でありながら、遠方にいると何も出来なくて
ただただ電話で話すことしか出来ません。

この状況をなんとか乗り越えてくれることを祈るだけなのですが、
私にもできることを一つずつ、考えて行動していこうと思います。

まずは節電。

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-03-13 23:59 | 震災