カテゴリ:石けん作りとコスメ作り( 31 )

石けん作りNo.14〜ピンクマーブルの石けん

昨日石けんを仕込み、今日型出しをしました。

今回の型は、牛乳パック。

最近、わけあって私は牛乳を飲むのをやめています。
侍だけ飲んでいます。

なので現在我が家には、
牛乳パックは1Lではなく、500MLしかありません。
この石けんレシピは、牛乳パック1L分がぴったりなので
500MLパックを2個遣いました。
a0198521_21402562.jpg



24時間保温して寝かせたものを、先ほど型出しをしてカットしました。
玄関にて1か月間の乾燥開始!
a0198521_21402639.jpg


う〜〜ん
a0198521_2138129.gif
玄関いい香り〜〜〜
a0198521_21381424.gif


今回は、小幡有紀子さん(TAOさん)の
「シンプル石けん」のレシピを参考に少しアレンジしました。

オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル、
ひまし油、ククイナッツオイル、シアバターで、
香りはレモングラスとプルメリアです。

保湿と冬にあかぎれてしまった肌を修復してくれる石けんに
なったらいいなぁと思い、作ってみました。

ククイナッツオイルとプルメリアの精油は
ハワイで買ってきたものです。

ククイナッツは、皮膚の傷を修復する作用があり
赤ちゃんにも使われるお肌に優しいオイル。

プルメリアはハワイの象徴のような花、
この香りが私は大好きで、
いつかプルメリアの香りの石けんを作ってみたいと思っていたのです。

プルメリアにレモングラスが加わると、
表現が難しいのですが、キュン
a0198521_21381424.gif
っていう香りになりました。

とてもいい香りです。

1か月間は、この香りに癒されよう・・・
a0198521_2138129.gif

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2011-01-05 23:01 | 石けん作りとコスメ作り

石けん作りNo.13〜青い石けんのはずが・・・

先週末、青い石けんを作るつもりでした。

青い石けんの中に、細かく刻んだ白い石けんを混ぜ込み、
「夜の雪」をイメージした石けんを作る予定でした。


このダークブルーという名の色材を使いました。
a0198521_21385923.jpg


し、しかし、作っているうちに、チャコールグレーになってしまいました。
(こんなことになると思わなかったので、
カメラの準備をしていませんでした。
撮っておけばよかったよ〜〜〜
a0198521_2138819.gif


でも、それはそれで、渋くいい色だったので
そのまま型に流し込み、24時間寝かせました。



24時間後、固まった石けんを見ると、
なんと、なんと、な〜〜〜〜んと!
コーラルピンクの石けんになっていました(@_@)
a0198521_2138819.gif


なじぇ
a0198521_21385996.gif

a0198521_2138591.jpg


前回作ったローズピンクの石けんとの色の比較はこうです。
a0198521_2139088.jpg


化学だなぁ。。。

色材の色と、オイルの色との関係とか、
色材の性質と、
オイルの酸性、苛性ソーダの弱アルカリ性との関係で
どこかの段階で起こった化学反応で
ピンクになっちゃったんだろうな。。。と思われる。

やっぱり透明のオイルを使わなくちゃいけないのかな、とか。

一杯反省点を残しながら、
でも、これはこれで綺麗な色だからとりあえずはいいかなぁと
思ってもみたり。

いい経験をしたということで、
いつか必ず、ブルーの石けんを作ってみせるぞ
a0198521_2138625.gif

[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-10-05 23:10 | 石けん作りとコスメ作り

石けん作りNo.12〜モザイク石けん

モザイク石けんを作りました。
a0198521_21385180.jpg


昨日仕込み、今日型出しをしました。

オリーブオイル(基本油脂)
ココナッツオイル(泡立ち・洗浄力強化)
パームオイル(保湿、石けんの溶け崩れ防止)
ひまし油(弾力性強化) の油脂を使い

シアバター を保湿成分に加え

ローズクレイ(汚れ吸着・保水力) でピンクに着色し

ローズダマスクアブソリュート、
ラベンダー、
ローズマリー で香り付け

今まで作った石けんの切り落としを細かく刻んで
型に一緒に流し込みました。

カットするとこんな感じになります。
a0198521_21385115.jpg


いろいろな配合の石けんを作りましたが、
小幡有紀子さん(TAOさん)のシンプル石けんのレシピが
応用石けんの基本レシピとしてお気に入りです。

前回作ったマルセイユ石けんの油脂配合に
ひまし油を加えるだけで、
バランスのとれた使いやすい石けんになるようです。
私は、マルセイユ石けんよりもこちらの方が好きです。

色付き石けんが結構可愛いのでハマってしまいそうです。。。。。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-09-26 23:09 | 石けん作りとコスメ作り

丸い石けんを四角く包む

先日、友人へのお土産に
自家製2色のマルセイユ石けん黒糖小豆の石けんを包みました。

今回は、丸い形の石けんを四角に包んでみました。
服を買ったときに包んであった薄紙と、麻ひも、
倉敷意匠のマスキングテープを使いました。
a0198521_21384950.jpg


ひもは、着物の帯締めの結び方を参考にしています。

こんなところでも、着付けのお稽古が役に立つとは・・・
a0198521_21381643.gif

嬉しい限り。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-09-23 00:09 | 石けん作りとコスメ作り

マーガレット型の石けんを包む

ラッピング好きです。

先週、同じマンションに住む犬友・Aさんにお菓子をいただいたので
お礼に出来たてホヤホヤ(乾燥が終わったという意味)の石けんを
プレゼントしようと思います。

先月作った、黒糖小豆の石けんです。
洋服を買ったときに包んであった薄紙と麻紐を使って包みました。
a0198521_21383152.jpg


包んでいくうちに、最初に考えていた包み方と違う形になりました。
a0198521_21383111.jpg


ラッピングは、そのときの気分や包むものの形によって
思いついたりして、さまざまなパターンが生まれます。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-08-20 00:08 | 石けん作りとコスメ作り

石けん作りNo.11〜2色のマルセイユ石けん

a0198521_21381775.jpg


2日連続で石けんを作る時間のある日を待っていました。

先週末、その日はやってきました。

ずっと作りたかった石けん!

それは2色の石けんです。
2色の石けんは、一日目に作った石けんを24時間固まらせ、
翌日に違う色の石けんを作り上から型に重ねるので、
2日かかるのです。
a0198521_21381789.jpg



しかも、マルセイユ石けん
a0198521_21381815.jpg



昔から私の中では、
良い石けんと言えばマルセイユ石けんで憧れでもありました。

マルセイユ石けんを雑貨屋さんで見つけては買い、
その使い心地の良さを実感していました。

まさか、それを自分で作ることになろうとは・・・・・
10代のころは思ってもみませんでした。

前田京子さんのレシピによると、
マルセイユ石けんは、
オリーブオイル
パームオイル
ココナッツオイル 
の油分を使い、
そのうち、オリーブオイルの割合が72%であることが
マルセイユ石けんの製造基準なのだそうです。。。

そこへ、私はシアバターを加えて、
保湿効果を高めることにしました。

ピンクの着色にはローズクレイを少量使い、
ゼラニウムローズとラベンダーの香りを加え、
白い方には、
ローズダマスクアブソリュートとラベンダーの香りを加えました。
a0198521_2138181.jpg


なんだか、羊羹みたいに見えます。
美味しそうです。。。

9月2日まで乾燥させます。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-08-02 23:08 | 石けん作りとコスメ作り

型出しのコツを掴んだかも?

先週、黒糖小豆の石けんを仕込みました。

翌日から、乾燥が始まりました。

石けん作りは、パン作りに似ている部分があります。
そしてやっぱり石けん作りもお料理同様、科学だなぁと感じます。

同じように作っても、気候・季節・湿度などによって出来が違います。
これはパン作りと共通しています。
梅雨の季節は、なかなか固まらなかったし、
梅雨が明けると、今度は型からうまく出せない。。。とか。

梅雨の間は、乾燥中も石けんに水滴がついていたり、
あ〜石けんも呼吸をしているんだなぁとつくづく感じました。

でも、いつも安定して型出しを行いたい。
うまく行くときと行かないときがあるのは避けたい。
などなどいろいろ悩んでいろいろ試した結果、
これなら絶対うまく出せそう!という方法がだんだんわかってきました。

ほら、綺麗でしょ
a0198521_2138844.gif

a0198521_21381325.jpg


これがすべての石けんに通用するのか分かりませんが、
しばらく試して行こうと思います。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-07-26 23:07 | 石けん作りとコスメ作り

石けん作りNo.10〜黒糖小豆の石けん

ブルーベリーのコンフィチュールを作った後、
石けんを作りました。

この石けんを作るのは2度目です。
小幡有樹子さんレシピより<黒糖小豆の石けん>
a0198521_2138543.jpg

使用オイルは、
オリーブオイル
ココナッツオイル
パームオイル
ひまし油の4種。

そして、
さらしあん、
黒糖を加えました。


前回作って、使ってみて、
しっかりとした泡が立ち、
洗い上がりの感じがさっぱりしていて気持ちよかったので、
夏の終わりから秋にかけて使うのに
適しているかな?と思い、今日作りました。

スクラブ効果のある小豆、
保湿効果のある黒糖で、
夏に疲れたお肌を労わってあげよう・・・
a0198521_2138533.gif


香りは、リラックス効果のあるスイートオレンジの精油。

マーガレットとバーのシリコンモールドを型に使いました。
a0198521_2138561.jpg


タオルに包んで24時間保温します。
タオルに包まっていても、
ほのかにオレンジの香りが漂います。

梅雨も終わったので、たぶん明日には型出しできるでしょう。
そして1か月乾燥させます。。。

使い始めるのは、8月の終わりごろから・・・
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-07-21 18:07 | 石けん作りとコスメ作り

インフューズオイルづくり

常備菜を作った後、インフューズオイルを仕込みました。

インフューズオイルとは、ハーブをオイルに漬け込み、
オイルにハーブの成分が抽出されたものです。

スイートアーモンドオイルに、
ローズマリーとハイビスカスのドライハーブを漬け込みました。
a0198521_2125293.jpg


キッチンで大活躍の色の薄いマスキングテープ、
このように使っています。

冷凍保存する容器の外側に、中身を書いておいたり、
インフューズオイルには、仕込み期間をメモしておいたり、
後で綺麗にはがせるのがマスキングのいいところ!

こちらのインフューズオイルは、2週間仕込みます。

ハーブと組み合わせると酸化しにくくなり、
保湿効果のあるスイートアーモンドオイル。

若返りの美肌ハーブとして名高いローズマリー。
肌荒れを防ぎシミ・シワ予防にも効果的な美肌ハーブのハイビスカス。
これらをダブルで漬け込みま〜す。

出来上がったら、石けんとクリーム作りに使うのです。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-07-21 15:07 | 石けん作りとコスメ作り

石けん作りNo.9〜ペールグリーンの石けん

小幡有紀子さん(たおさん)のレシピで、
一目見てずっと作りたかった石けん。

ペールグリーンの石けん

色の濃いグレープシードオイルを中心に使うので、
緑色の石けんが出来るのですが、
色々な方のブログなどを見てみると、
やはり難しいという意見が多いです。
なかなか緑のグレープシードオイルが売っていなかったり、
組み合わせなどで色は違ってしまうそうです。

先週末、作ってみました。

レシピでは、ラードを用いるところ、
手元になかったため、
けん化率が近いスィートアーモンドオイルで代用しました。
保湿効果も欲しかったので、レシピ外ですがシアバターも入れました。
果たしてうまく作れるのか?

使用オイルは、
グレープシードオイル、
ココナッツオイル、
スィートアーモンドオイル、
保湿成分にシアバター、
香り付けにラベンダーとローズマリー。

トレースが出るまでにずいぶん時間がかかりました。
固まりにくいのです。。。
a0198521_21252249.jpg


型に流し込みました。少し緑っぽいです。
a0198521_2125227.jpg


いつものように、タオルに包んで一日寝かせます。
a0198521_21252362.jpg


24時間後、ほとんど固まっていませんでした(泣)。
梅雨のせいもあるのでしょうか・・・
48時間寝かせてみましたが、まだ柔らかかったので
初の試みでしたが、冷蔵庫へ入れてみました。
そして翌日、ようやく型から出すことができました。
といってもまだ柔らかめです。
a0198521_21252383.jpg


これを石けんになるまで、気長に乾燥させていきます。
少し固まったら、成型してスタンプを押してさらに乾燥乾燥。

石けん作りは、気が長くないと出来ないのです。


グレープシードオイルはさっぱりとした洗い上がりで、
夏の石けんにはぴったり。
でも、シアバターを入れたので保湿もばっちり。
夏の疲れが出るころに、出来上がるのが理想です。。。楽しみ〜。
[PR]
by nonkinaahiru4 | 2010-07-15 00:07 | 石けん作りとコスメ作り